ドクター紹介|甲府市の整形外科・内科・呼吸器内科・脳神経外科なら三神医院

ドクター紹介

ドクター紹介

ドクター紹介

院長:三神 柏

専門分野

脳神経外科

資格
  • 日本脳外科学会専門医
  • 日本外科学会専門医

医師:三神 竜

専門分野

内科・呼吸器内科・保健衛生

資格
  • 労働衛生コンサルタント・産業医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会指導医・呼吸器専門医・インフェクションコントロールドクター
  • 日本アレルギー学会 アレルギー専門医
  • 日本東洋医学会 漢方専門医
  • 身体障害者福祉法 第15条指定医

医師:三神 貴

専門分野

整形外科

資格
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本旅行学会認定医
  • 義肢装具等適合判定医
  • 運動器リハビリテーション指定医

三神医院の歴史

開院から1世紀、地域の皆さまのホームドクターとして患者様に寄り添う治療
石碑

三神三郎は、済生学舎(現在の日本医科大学)にて、同級生の野口英世とともに医学を学び、卒業後1897年(明治30年)、当地に三神医院を開院しました。

診療と研究に取り組んでいた三神三郎は、1904年(明治37年)7月30日、当院で日本住血吸虫を発見しました。甲府市ではこの病気を「地方病」と呼びました。

さらに1921年(大正10年)、三神医院で「地方病」の治療法を発見しました。病気の原因の発見、治療法の発見はともに国内で初めてのことでした。

この「地方病」の治療法は次第に県内の伝聞され、不治の病が治る病気になりました。

(むしのむし出来ないむしの話・永倉貢一博士の特別寄稿より)